宇治市の田中治療院では、当院独自の血液循環療法でコリをほぐし、血行を良くする腰痛、肩こり治療を行っています

ホーム > 血液循環療法

当院オリジナルの血液循環療法

当院の治療コンセプトは
「コリをほぐして、血行をよくする」

ヒトの体には自然治癒力といって日々、絶えず悪いところ、痛んだところを治す働きがあります。

この自然治癒力に最も必要なものが「血行をよくする」こと。

人間の体は約60兆個の細胞で構成された細胞体。この細胞に栄養と酸素を運んでくれるのが血液。また、体内にたまった老廃物、二酸化炭素を運んでくれるのも血液です。

この血液の流れを妨げるのが コリ
そのため、コリをほぐす必要があるのです。

中国、秦時代の書物「呂氏春秋」にある一説
「流水不腐,戸枢不蠹」
流れている水は、濁ったり腐ったりせず、毎日使っているドアは腐食しにくいという意味です。つまり、よく流れている。よく動かすことが大切ということ。

東洋医学も「気・血・水」の流れを良くすることが治療の基本。
今も昔も基本は「流れをよくする、血行をよくする」、普遍の原則です。
※気血水とは、身体の状態を調べる物差し。この3要素の流れが滞ることで病気になるという考え。

この普遍的であるシンプルな考えを治療に生かしているのが、
当院オリジナルの「血液循環療法」です。


血液循環療法3つの特長 コリをほぐす、血行をよくする、関節を調整する

この3つを改善させ痛みやコリの悪循環を断ち切ります。

 

血液循環療法は他の一般的な治療と何が違うのか?

血液循環療法は、深層部分に張りついたコリを徹底的にほぐす治療です。

いろいろ、コリや痛みの治療をしたけど、体の奥の方に何か違和感が残るという方がいます。
どうして、違和感が残るのかというと?
じつは、体の深層部にコリが残ったままになっているからです。

コリ5つの形状!

コリには5つの形状があるのですが専門家も見落としてしまうコリがあります。それが「深層コリ

これが、慢性的な肩こり、慢性的な腰痛のもと。
この深層部の深層コリをほぐすのを得意とするのが当院オリジナルの血液循環療法です。

 

点と面で深層コリをほぐす!
深層部でこり固まったコリは、繊維化、骨化した岩盤のような状態。
その部分をほぐすには、点と面からのアプローチが必要です。イメージとしては、岩盤を掘削するやり方です。
つまり、ドリル(点)で穴を開け、シャベルで崩す(面)という方法。
当院で行う点でのアプローチは中国はり灸が担い、面でのアプローチは深層マッサージ吸玉(カッピング)が担います。

この点と面からのアプローチを手間暇かかりますが根気よく行えば深層部のコリ、中層部のコリ、浅層部のコリも順次ほぐれて血行がよくなります。

また血行がよくなることで筋肉や皮膚、手足末端にまで栄養や酸素が送られるので、さらに全身の血行が良くなり弱り気味だった胃腸もゴロゴロ鳴り出しお腹の中まで温もります。

深層部、中層部、浅層部のコリがほぐれ、血行がよくなると、ヒトが本来持っている自然治癒力、自己回復力(病気を自然に回復させる作用)が絶えず悪いところ、傷んだところを治すので痛み、シビレ、だるさなど不快な腰痛、肩こりも自然に解消されます。

 

血液循環療法であなたに手に入れていただきたい10個の「ベストコンディション」

10個のベストコンディション

 



\ご予約、お問い合わせはお気軽に/

ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ

おかけ間違いのないようにお願いします。
当日の電話での予約が承り辛くなっております。申し訳ございませんが前日までに電話いただきますよう、お願い申し上げます。


ご予約や空き枠の確認はコチラ/

 


main

この改行大事→
main_box